【高価買取り方法を伝授!】時計買取の基本!

【高価買取り方法を伝授!】時計買取の基本!

時計

買取する前にすることで価値が変わる!

買取前に行うことはいくつかあります。最初に行うのが、付属のパーツ類があるのか調べましょう。特に時計の場合は箱や付属の説明書など付いていると買取価格に影響がでる場合もあります。でも最も大きく変わるのが見ためと機能です。時計買取では見た目と機能の2つが兼ね備わっていないと高価買取りになりづらいとされています。その2つの高価買取りのポイントでも、見た目は特に重要です。例えば、同じ商品でも綺麗な物と汚い物なら、誰だって綺麗な商品を買いたくなるのは当たり前でしょう。それに、買取業者も同じく見た目でも価値を決めるため、すこしでも綺麗な方が良い価格で買取してくれるかもしれませんよ。

なぜ買取前にするのか?

実際に買取をする場合、事前のメンテナンスが必要なんですが、なんで買取前にも行うのかというと、メンテナンスをして綺麗な状態のまま売ることができるからです。メンテナンスをしたばかりの時計は買取する上で最も高価買取りされる確率が高いです。なので買取前に行うことが大事です。

メンテンスは業者?自分?どっちが良い

メンテナンスをする上で、気になるのが自分でメンテナンスをするか、業者に依頼するか悩む方も多いでしょう。この2種類で買取時に行わない方が良いのがあります。それはメンテナンスを業者に依頼することです。業者にメンテナンスをすることで費用が掛かります。仮にメンテナンスが5000円、買取価格が1000円だとすると割に合いません。業者に頼むときは売るよりも、また使ってあげることが良いでしょう。買取前にメンテナンスというのは簡単に自宅でできる方法です。自分でする方が「今までありがとう」という感謝も伝えられますよ。

気になるメンテナンスで使う道具って?

自宅でもできるメンテナンス方法って何?と思った方も多いでしょう。方法としては下記で紹介します。その前にメンテナンスで使う道具について紹介しましょう。4つあれば問題ないと言われているのが、アルコールスプレー・マイクロファイバータオル・爪楊枝・先の柔らかい歯ブラシです。それにプラスして綿棒を準備すると良いでしょう。それらを使って簡単にメンテナンスできるんです。

高価買取りで必要な「買取前メンテナンス」

柔らかい毛先である程度の汚れを落とす

最初に行うのが、毛先が柔らかい歯ブラシで落とすと良いと言われています。その理由としては、硬い毛先だと表面を傷つけてしまうため、どんなに綺麗にしてもキズが目立ってしまい、高価買取メンテナンスが無駄になります。柔らかい歯ブラシも強く擦るのではなく、まるで掃き掃除をする感じでサッサッと掃き出してあげるのがポイント。

細かなスキマや溝などにたまった汚れを爪楊枝で取り除く

ある程度の汚れやゴミを取り除いたら、スキマに入っているゴミをかき出します。ココからはとても重要な注意点は多くなるので、始める前に手順をよく見るようにしましょう。毛先の硬い歯ブラシ同様、爪楊枝でキズを付けてしまう可能性があります。爪楊枝を使う場合はキズを付けないようにしましょう。また強い力で行うとなおさら危険なので無理は禁物です。

綿棒にアルコールを染み込ませて、ベルト周りと穴を掃除

続いては細かな部分の拭き掃除。ココで大活躍の綿棒。綿棒にアルコールを染み込ませて掃除するとキズを付けずに済みます。もし綿棒がない場合は、爪楊枝にティッシュを絡めて、綿棒代わりにしようすると良いですよ。ちなみに、アルコールスプレーを直接かけてしまうとベルトの変色やその他トラブルになる可能性もあるので注意してください。

拭かないと取れない汚れはアルコールをかけて拭き取ろう

掻き出す汚れなどを落としたら、拭き取り掃除です。アルコールを柔らかいタオルに染み込ませて拭きます。強く拭くと傷ついてしまうかもしれません。親指の腹で軽く、もしくは中くらいの力で汚れを拭き取りましょう。

全体をマイクロファイバータオルで拭き取り終了

最後に、汚れがないかチェックします。目立つ汚れがないならマイクロファイバータオルで表面の指紋や汚れを拭き取ります。拭き取りが終わったら買取前メンテナンスは終了です。

広告募集中